事業成功を加速していくための資金調達法を学ぼう

確実に借りられるビジネスローンはあるのか

誰もが活用できる資金調達方法には何があるのか

ローンと言えば、何があるか思いつくものはありますか? 個人で組むローンや会社や法人で組むローンなど、立場や目的の違いによってローンの種類が異なってきます。 今回のテーマであるビジネスローンを学ぶ前に、ローンという大きな概念をとらえてみましょう。

ローンの種類を知ろう

資金を調達するということは、ビジネスを行うにあたって必要なお金を用意するという意味を指すことが多いでしょう。
資金調達の大きな目的は、大きな組織となる会社を経営していくにあたって必要となるお金を調達することになります。
会社として事業を成功させるためには、事業を起こし事業を持続的に活動させ、発展させていく必要があります。
事業を起こすためには、人や設備が必要となります。
ご存じの通り、これらを準備するにあたり初期費用として大きな資金が必要となりますね。
これらだけではなく事業を存続させ、発展させるためにも新たな雇用や設備が必要となり、さらに不随する新規の事業を立ち上げることも考えられます。
つまり資金調達は、人と設備に必要な資金を調達するという大きな意味があります。
もし資金調達を怠った場合は人や設備に投資ができなくなり、会社の倒産に繋がりかねません。
1回の資金調達ではなく、継続的に資金を確保しておく必要があります。
資金調達には、大きく分けて3つに分けられます。
アセットファイナンス、デッドファイナンス、エクイティファイナンスです。
アセットファイナンスは、ファクタリングが含まれます。
これはアセットファイナンスに不動産という意味があり、会社が持つ資産から生み出される資金の流れを融資として投資を行います。
デッドファイナンスは、銀行や自治体からの融資やビジネスローンが含まれます。
エクイティファイナンスは、ベンチャーキャピタルや個人投資家からの出資が含まれます。
株式の交付と引き換えに資金を受け取ります。
今までは大きな組織の会社という視点で見てきましたが、個人で資金を調達する場面もあります。
お金が足りないけど購入するために必要な一時金を確保したいという際に、ローンが活躍します。
詳しくは、ローンの種類にてご紹介いたします。

ローンを組むための手順の踏み方

ローンを組みたい場合、どういった方法を取れば良いのでしょうか。 ここでは、家庭や個人で利用するローン、ビジネスローンの2つを例にご説明していきます。家庭や個人で利用するローンは、教育ローンを例として見ていきます。 手順を学び、確実に融資を受けることができるようにしましょう。

ビジネスローンを確実に利用するためのテクニック

ビジネスローンに焦点を当てて、ご紹介していきます。 個人事業主の方や、法人の方は、1日でも資金を調達したいと思っていることと思います。現在、コロナの影響で売上に悩まされている方々が多く、資金を調達するにも苦労 されていると思います。 スピーディーに、資金を調達するためのコツを伝授していきます。