事業成功を加速していくための資金調達法を学ぼう

>

誰もが活用できる資金調達方法には何があるのか

家庭内で耳にするローン

家庭を持つと、教育や住宅に資金が必要になる可能性が出てくることでしょう。
このときに役立つローンが、教育ローンや住宅ローンです。
教育ローンは子供を進学させるための費用が心配な際に、学費や教育費を賄うためのローンです。
一定の収入がないと借りることができず、奨学金に比べて金利は高いですが、入学前にまとめて一時金を受け取ることができます。
奨学金は学生本人が借りますが、保護者が申請して保護者が返します。
住宅ローンは名前の通り、住宅を購入したり改築したりするために必要な資金を調達する商品となります。
現代、ほとんどの方が住宅を購入する際に利用しています。
金融機関からの借金となりますので、当然利息がかかります。
新築はもちろん、中古住宅や土地の購入でも住宅ローンを利用することができます。

事業者向けのローンとフリーローン

事業者向けのローンとは、ビジネスローンを指します。
これこそ、個人ではなく企業や事業主が利用するローンとなります。
法人名義や事業主の個人名義で借りることが可能です。
金利は銀行融資よりも高いですが、借りやすいという特徴があります。
また銀行融資の場合、営業の利益が2期連続で赤字となった場合、融資を受けにくいと言われています。
しかしビジネスローンは融資を受けたい段階で赤字だったとしても、将来性が認められると判断された場合、融資を受けることが可能な場合があります。
フリーローンは、使用目的が制限されずに融資を受けることができるローンとなります。
例えば、住み替えに必要な資金として、高額な設備を購入する資金として融資を受けます。