事業成功を加速していくための資金調達法を学ぼう

>

ローンを組むための手順の踏み方

教育ローンを利用するための手順

教育ローンは、審査に1週間から2週間かかることが多いですが、最短で翌日審査の回答をいただける場合もあります。しかし、正直どれくらいの期間で審査が通るのかわからないため、1週間から2週間を目安に計画を立てましょう。また、教育ローンの対象となるものを確認します。具体的には、学費、入学金や制服、交通費、受験料も該当します。何の目的で、ローンを利用するのかを明確にしておくことが大切になります。
次に、申し込みの際に必要な書類の確認をします。本人確認資料、勤務先の勤続年数を確認するための健康保険証、収入の証明書、在学・合格証明書、ローンの使用目的が明確になった書類、通帳と印鑑となります。
準備が整ったら、インターネットなどを利用して申し込みを行い、仮審査の結果を待ちます。仮審査結果が通ったら、準備した必要な書類を持ち、窓口で本審査と契約を行います。正式な審査結果が通知後、登録口座に資金が振り込まれます。

個人や法人によるビジネスローンの流れ

ビジネスローンの流れは、教育ローンの際と大きな違いは特にありませんが、ビジネスローンの取扱店によっては仮審査がない場合もあります。
その場合は申し込みと必要な書類の提出を行った後、本審査、契約を経てお金が登録口座に振り込まれます。
仮審査がない場合は、必要な書類の準備を最初からしなければならないため、大変だと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし仮審査がある場合も、本審査で必要書類と照らし合わせがあります。
必要書類が必要となるタイミングが異なるだけですので、どちらの申し込みとなっても、いつでも必要書類を使用できるよう、あらかじめ準備しておくことが大切です。
個人事業主と法人で、必要とする情報が若干異なります。
申込者の基本的な情報は、個人事業主は本人の情報が主ですが、法人では代表者の情報、法人の商号、所在地、業種、社員数などです。
申し込み先で内容を確認する必要があります。