事業成功を加速していくための資金調達法を学ぼう

>

ビジネスローンを確実に利用するためのテクニック

ビジネスローンのための大切なポイント

ここで少し、ビジネスローンの復習をしましょう。
ビジネスローンは銀行で借りる金利よりも高く設定されているため、銀行融資よりも審査が甘くなっていることが現状です。
審査が甘くなっているメリットをとるか、金利が高いというデメリットをとるかという選択で、頭を悩ます方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここで、ビジネスローンを組んだ良いパターンを考えてみます。
資金不足を解消し売上げが上がることを期待できるのなら、ビジネスローンを使用すると良いと言われています。
例えばコロナによる経営不振で、事業に必要な資金が足りなくて事業の存続が難しいという場合です。
コロナ禍であるがために事業が進まず、コロナ禍の間だけのつなぎとして利用するのであれば、ビジネスローンが有効な手段とされています。

ビジネスローン以外にもある方法

ビジネスローン以外にも資金調達を行う方法として、ファクタリング、日本政策金融公庫があります。
日本金融支援公庫はビジネスローンと同じように、個人事業主や中小企業に融資を行っている金融機関を指します。
特徴としては金利がとにかく安いですが、審査が厳しく新規事業に力を入れています。資金調達を焦ることなく新規事業の立ち上げを目指しており、金利をとにかく安くしたいという方におすすめします。
ファクタリングは売掛債権を利用して資金を調達します。
売掛債権は商品の販売やサービスを提供した会社が、顧客から代金支払いを受けるべき権利のことを指します。
ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に売り渡し、手数料を引いた残りの現金を得ます。
つまり銀行からの借り入れではないため、負債が増えません。
ローン以外の方法の特徴を見ながら、検討してみてはいかがでしょうか。